Home Events 3/8 東洋医学的、温活のススメ

3/8 東洋医学的、温活のススメ

内容:
暖かくなったり、寒さが戻ったり――。
季節の変わり目のこの時期、体調を崩していませんか。
とくに厄介なのが体の「冷え」。
冷えは免疫力を弱め、万病の元だとされます。

現代の日本では冷えが進んでいます。
50年前の日本人の平均体温は36・9度だったのが、
現在は36度前後まで低くなったとも言われます。

そもそも冷えとは、
体温調節の機能がうまく働いていない状態のこと。
放っておくと体のさまざまな部分に影響が現れます。
食欲が低下したり、
下痢や便秘などの症状につながったりすることも。
風邪もひきやすくなります。

現代の冷えは、ストレスが影響しているとされます。
ストレスで交感神経が緊張し心臓の動きが速くなり、
血圧が上がり体温も高くなります。
過度になると血管が収縮したまま戻りにくくなり、
血の巡りが悪くなり冷えにつながるといいます。

<本講座の流れ>
◯西洋医学的、東洋医学的、冷えの捉え方
◯東洋医学的にみる冷えのタイプ
◯温活にお勧めのツボ
◯簡単!巡る体をつくる体操(全身たたき)

講師:土井美智子

日時 :2021年3月8日 午後7時~7時30分
参加費:無料
申し込み締め切り:2021年3月7日 まで

会場:オンライン開催(Zoom)

日程

2021年 3月 08日
Expired!

時間

7:00 PM - 7:30 PM
カテゴリー

講師

  • 土井美智子
    土井美智子

    北海道の寒さにも負けない温活ライフを指導。看護師として働いていた頃は、夏でもカイロが手放せないほどの冷え性で、代替療法を広く学び生活に取り入れることで、ゆるやかに改善されるのを感じていた。ところが、脳教育トレーニングと出会ったことで短期間での劇的な体質の変化を経験。その後、脳教育のブレイントレーナーに転身し、現在指導歴10年。体の内側から温度を高めるブレイン体操指導と丁寧なカウンセリング、お一人おひとりに合わせたアドバイスに定評がある。トレーニング指導中はもちろん、その方とのすべての関わりの中で心身にポジティブな変化をつくりだすことを心がけている。誰もが自らの体と心の専門家になり、自分自身を愛し、癒し、元気にさせられると伝えている。

QR Code

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。