Home Events 6/25 認知症予防セミナー2 家族が認知症かも!?そんなときどう接すればいい?認知症の捉え方、受け入れ方

6/25 認知症予防セミナー2 家族が認知症かも!?そんなときどう接すればいい?認知症の捉え方、受け入れ方

内容:
2025年には5人に1人が
認知症になると言われています。

将来、自分や家族が
認知症にならないという保証はありません。

認知症の予防策はいろいろあるとはいえ
「絶対にならない」方法は存在しないでしょう。

認知症は特別な病気ではなく
誰にでも起こりうる
一般的な病気だという認識が
ご本人にも家族にも必要です。

特にご本人は
病気と向き合って受け入れ
前向きに暮らしていこうとする気持ちがとても大事です。

実際に認知症になっても
いきいきと生活している方は
ご自身の病気をしっかり
受け止めていらっしゃるといいます。

ただ、病気を受け入れられるタイミングは
人それぞれで、受け入れるまでには
時間を要するケースが多いようです。

認知症になったからといって
何もかもわからなくなってしまう
わけではありません。

ご本人は、なんか変だ、どこかおかしい
と不安に思いながら日々を
過ごしていらっしゃるようです。

そこで第2回目の認知症予防セミナーでは
認知症の捉え方、受け入れ方をお伝えします。

あらかじめ知識があると
ご本人もご家族も
自分らしく、よりよく暮らすことができます。

また、認知症予防に効果的な
ブレイン体操をご紹介します。

人生120年時代を健康に生き抜くために
今からしっかり準備していきましょう。

講師:水野恵理子(みずの えりこ)
日時:2021年6月25日(金) 午後7時~7時30分
参加費:無料

会場:オンライン開催(Zoom)

↓前回のセミナーの様子↓

 

日程

2021年 6月 25日
Expired!

時間

7:00 PM - 7:30 PM
カテゴリー

講師

  • 水野恵理子
    水野恵理子

    認知症予防に関する講義とトレーニングを指導。
    看護部長を務めていた50代の頃に脳教育と出会い、ブレイントレーナーとなる。看護師としての知識に脳教育のトレーニングを融合し、職業研修やコーチング、中学校・高校・大学での職業講和を行う。また、公共施設などで健康セミナーを開催し、健康に関するレクチャーとブレイン体操を指導。これまでにボランティアでの健康指導を約700回、延べ約8,000名に行っている。

    2015年、第2回グローバルメンタルヘルスセミナーにて「地域に根ざしたメンタルヘルスケア~脳科学に基づく健康セミナーの実践報告~」をテーマに発表。
    2018年、ハッピーブレインシティづくりフォーラムin岐阜にて「中高年の健康管理と認知症予防運動」をテーマに発表。

    誰でもできる簡単なセルフヒーリング法や瞑想を指導して自分の健康を自分で守れるようお手伝いしつつ、健康だけにとどまらない人生120年時代の創造的な生き方を伝えている。明るく親しみのある人柄、楽しく元気になる講義とわかりやすい指導で好評を得ている。

QR Code

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。