人生120年時代【膝の変形】に苦しまない為の正しい身体の使い方

今回は2021年8月27日に行われたセミナー 「人生120年時代を健康に過ごすための体の使い方講座 <ひざ編>」 になります。


↓続きはこちら↓

【内容】
講師:須山文子

あなたは何歳まで生きますか?
医療などの発達により、人生100年時代、120年時代ともいわれる現代。人生50年と言われていた頃と比べると、2倍以上の時間、自分の体を使わないといけません。ただ長生きするだけでなく、いかに健康を維持して、健康寿命を延ばしていくかが、とても大切です。 歳をとるにつれ、どうしても、ひざや腰などに負担がかかりやすくなります。でも実は、これは歳のせいだけではないんです。なるべく体に負担をかけない体の使い方があります。これをマスターできたら、体が楽になりますよ。
5回シリーズでお届けする「人生120年時代を健康に過ごすための体の使い方講座」の第2回目<ひざ編>では、ひざに負担のかからない姿勢や動き方を身につけます。 姿勢の悪さを気にしている方、代謝を上げてダイエットしたい方、疲れやすい方 関節の動きがよくない方、特に、体への負担が気になる世代の方におすすめです。

【参加者の感想】
・歩いていると左足が痛くなります。自分でも歩く姿勢がよくないと思っていましたが。今日先生が話された悪い姿勢で生活していると改めて感じました。
・詳しく説明していただきありがとうございます。最初、呼吸したとき少し浅い感じがありました。でも姿勢を良くすると呼吸がスムーズでした。次回も楽しみです。