生理学的な観点から見ても「愛」は健康に役立つ/映画「LOVE HEALS」エムラン・メイヤー博士

映画「LOVE HEALS」に出演しているエムラン・メイヤー医学博士は、ドイツ出身の胃腸病学者です。脳と腸のつながりに関する研究の第一人者として知られています。米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)医科大学院教授。

■「脳腸相関」の権威
近年、人間の腸と脳の間には密接な関係があることが、メイヤー博士ら世界各地の研究者によって分かってきました。

腸は高度な機能を持っています。食物の種類によって効率よく消化液を分泌し、適切な収縮を繰り返して分解、吸収してくれます。異物が体内に入るのを妨げる免疫系の作用もあります。「第二の脳」と呼ばれるほど複雑な働きを担っています。

さらに、腸は脳との間で膨大な情報をやりとりしています。腸の様子が脳に伝わり、脳の影響が腸に及ぶのです。メイヤー博士はこの「脳腸相関」の分野で世界の学術界をリードしてきました。

■「心」と腸内環境
日本でも出版されたメイヤー博士の著書『腸と脳─体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』によれば、体の中には腸管神経系と呼ばれる1億個もの神経細胞があり、絶えず脳と交信しています。

この連携の中心になっているのが、腸の中にある無数の細菌。腸内細菌の持つ緊密な情報ネットワークは、健康な身体を維持するだけでなく、気分や深い情動まで支配しており、うつ病や心の不安も、腸内環境の異変と関連していることがあるといいます。

■病気のときこそ「心をヒーリング」
映画の中で、メイヤー博士は「体と心は別々ではなく、一つ」と語っています。心の中で起こる全てのことは体に何らかの影響を与える。その逆も同様。したがって、体が不調のときに必要なのは、「心をヒーリングすることだ」と、メイヤー博士は言います。

そのうえで、生理学的な観点から見ても、「愛」という感情こそが私たちの健康にたいへん有益だと指摘しています。

■李承憲氏の健康法にエール
今回「LOVE HEALS」でエグゼクティブ・プロデューサーを務めた李承憲氏とメイヤー博士は、以前、東洋式のヒーリング法について米カリフォルニアで一緒に講演をした間柄。

このときメイヤー博士は「病気はただやってくるのではなく、心の状態、食べ物、遺伝情報はもちろんのこと、地球環境や人間関係にも大きな影響を受けている」としたうえで、李承憲氏の提唱する健康法が「社会的、経済的に大きなムーブメントになってほしい」とエールを送っていました。

★映画「LOVE HEALS」日本語字幕版
絶賛公開中!

詳しくはこちら↓
https://healinglife.style/lovehealsfilm/

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishItalianJapaneseKorean