【認知症】視力・聴力が低下すると認知症の発症リスクが高まる!?

↓続きはこちら↓

今回は2022年7月15日に行われたセミナー 「認知症予防セミナー3 視力・聴力が低下すると認知症の発症リスクが高まる!?」 のダイジェスト動画になります。

【内容】
講師:水野恵理子

最近、テレビの音が聞こえにくい。
目がかすんで、よく見えない。

こんなことはありませんか?

実は、目が悪くなると
認知症になるリスクが
2倍になると言われています。

目だけではありません。
五感は脳につながる感覚器官です。

五感から入ってくる情報が少なくなると
脳に入る情報も少なくなって認知機能が低下し
認知症のリスクが高まります。

また、視力や聴力の低下によって
外出や人との交流を避けたり
心の健康まで損なわれ
それが認知症につながるという
悪循環が起こることもあります。

そこで
認知症予防セミナー3では
視力や聴力と認知症の関係を理解し
おすすめの脳教育トレーニングを
ご紹介します。

長年かけていた眼鏡が不要になった方が
いるほど、驚きのブレイン体操です。

🌟【参加者の感想】🌟
・先生のお話はとても聞きやすく頭に入ります。耳と目を大切に毎日過ごします。そしてブレイン体操の首回し、頭顔タッピングもやっていきます。
・視力・聴力の衰えが認知症リスクを高めるというお話、とても分かりやすく理解できました。ブレイン体操も続けていきます。次回の講義も楽しみにしています。