【人気シリーズ】東洋医学から学ぶ【胃腸】の役割&ケア方法

↓続きはこちら↓

今回は2022年1月20日に行われたセミナー 「意外と知らない胃腸の不調 〜東洋医学から学ぶ胃腸の役割&ケア〜」 のダイジェスト動画になります。

【内容】
講師:斎藤絢香

疲れや肩こりなど「未病」と言われる不調も、胃腸が原因であることが多いといわれています。 胃腸の健康を守ることで、心身の健康を保つ知恵をお伝えます。
講師自身、もともと胃腸が弱く、ストレスによる目眩で倒れたこともありました。胃腸を整えることで、体力がつき、ストレスにも強くなり、痩せやすかった体質も改善できました。 皆さんが普段、何気なくしていることや食べていることが、体の調子に影響を与えていることが感じられ、日常生活を見直す時間になれば幸いです。
2回目の「東洋医学から学ぶ胃腸の役割&ケア」編では、食からのアプローチで胃腸の温度を上げる方法をお伝えします。

【参加者の感想】
・胃腸の働きを再認識しました。活性化させるために刺激すること(叩く)と深呼吸をやっていきたいと思います。
・仕事中は常に1人で接客業なので,昼食は噛まずに早くなり,クセになっています。極力噛むことを心がけ、冷たいものは避け、旬のものをとり、コーヒーを止めることにチャレンジします。

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishItalianJapaneseKorean