有料級【温活】東洋医学的にみた温活のすすめ

今回は2021年3月8日に行われたセミナー 「東洋医学的、温活のススメ」 のダイジェストになります。

 

 

【要約】
東洋医学と西洋医学では「冷え」の捉え方が異なります。東洋医学的には病気の前駆症状(未病)として捉えられています。東洋医学的には、冷えの原因は4種類あります。その症状に合わせた温活をするのが1つ目のおすすめです。 また、東洋医学ではツボや経絡にもアプローチしていきます。今日は温活におすすめのツボ4つもご紹介します。そして最後には、温活におすすめの簡単体操もご紹介します。

【参加者の感想】
・自分が冷え性と自覚がなかったですが、先生のお話を聞いてなっとく出来るところがありました。
・最後に一緒にした体操で身体が早速ポカポカしています。
・ご自身で実践されたとのことですので、話に説得力がありました。

続きが気になる方はぜひセミナーにご参加ください!