【ダイエットするならこれを飲もう】太らない飲み物5選と太る飲み物の特徴

【ダイエットするならこれを飲もう】太らない飲み物5選と太る飲み物の特徴
多くの方は、コーヒー・ジュース・お酒など、何かしら飲み物を摂取すると思います。しかし、これらの中には、太りやすい物、逆に瘦せる助けになる飲み物があるのです!今日は、太る飲み物の特徴と、太らない飲み物をご紹介します。飲み物単体だけでなく、食事と合わせることで、太りにくくなる効果がある飲み物もあります。今回はそんな太らない飲み物を、5つ紹介します。最後には、どうしても甘い飲み物が欲しい人向けの、私が実際に飲んでいるオススメ飲み物もご紹介します。

【太る飲み物の特徴】
まず、太る飲み物には共通点があります。それは白砂糖がふんだんに盛り込まれて糖質が高いことです。例えば、缶コーヒーだと、角砂糖が平均5個(16kcal/個)入っていて、ウォーキング30分に相当します。健康そうなイメージのある野菜ジュースは平均4個、スポーツドリンクは平均8個、さらに炭酸ジュースは平均10個も入っていて、1本飲むと1時間は歩かないといけません。

【太らない飲み物5選】
①ウーロン茶
ウーロン茶に含まれるポリフェノールは、腸内で脂肪の吸収を抑制し、排出量を増やすといわれています。また、中性脂肪の燃焼をサポートする効果が期待でき、ダイエット中の食事の友はこれで決まりです。

②ブラックコーヒー
コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸が、脂肪の分解を促進するので、体に脂肪が溜まるのを防いでくれます。どうしても甘くしたい方は、微糖で我慢しましょう。

③白湯
前回話したようにダイエットするならまず内臓を活性化しないといけません。その方法の一つとして、朝起きたら、コップ1杯の白湯で内臓を温めて一日の代謝を高めるのがオススメです。

④お酒系
私は普段飲まないですが、飲む方はウイスキー・ハイボールのような糖質が少なめのお酒のほうがダイエット向きといえます。ただそれらも消費カロリー自体は高いですので、飲む量を減らすか我慢するのが一番理想です。

【私も毎日飲んでいる飲み物】
5つ目は、甘党の方向け、私も愛用している飲むお酢です。お酢は①脂肪燃焼を助け、②内臓脂肪を燃やし、③血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。どうしても甘い炭酸が飲みたい時がありましたが、飲むお酢を炭酸水で割って飲むことに置き換えています。私が飲んでいるお酢も、コップ一杯で角砂糖2個分しか糖質がないので、炭酸ジュースの1/5です。一時期飲まない時期がありましたが、そしたら他はそれほど変わっていないのに一気に太りましたので、とてもオススメです。オススメの飲むタイミングは、運動の30分前や食事中です。味も色々出ていますので、好みの味で我慢せずにダイエットしましょう。

いかがでしょうか?皆さんも普段どれだけ飲み物を飲んでいるのか、また、どれだけ砂糖が含まれているのか、是非チェックすることからダイエットを始めてみてください。また、さらに詳しいダイエットのお話、直接質問やコーチングを受けたい方は、私のセミナーにご参加ください。今後も無理なく楽しく瘦せるダイエット情報を発信しますので、一緒に瘦せたい方は、是非チャンネル登録をして、次の動画をお楽しみください!

吉村卓真
もともと太りにくい体質だったが、コロナ太りには負けてしまったトレーナー。自分自身のダイエット経験と、最新の知識を組み合わせた情報を、YouTubeにて発信している。ヒーリングライフスタイルでは、話だけではなく、一緒に出来るダイエット講座として、トレーニングや個別コーチングも準備中。

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishItalianJapaneseKorean